映像デザイン

視覚情報として映像表現は多岐に渡っています。映像デザイン分野では映像言語と意味を通じる理論や時間や空間をデザインする新たな映像表現まで学びます。写真、映画、アニメーション、CG等の生成メディアとWebによる双方向視聴や立体的な投影方法等はデジタルの力により多様なコンテンツの幅を広げています。授業ではスキル修得のみでなく、映像による自己の表現方法を模索した作品への眼差しを大切にします。また、ショートフイルム制作は集団活動による創作であり個人の内的表現とは違う創造性が体験できます。映像メディアは商業デザインから映画やTV、舞台芸術、医療、ICT教育まで広くカバーし、クリエイティブな人材が期待されており、革新的な映像表現を実践する専門家を養成します。