都市地理学

わたしたちが暮らす街は絶えず変化しています。どのように変化しているでしょうか?将来の超高齢社会に対応した街のつくりとなっているのでしょうか?そこに個性はありますか?この都市地理学分野では、都市をフィールドとして、観察・測定・聞き取りによる資料収集を現場で実際に行い、現実の姿を分析してその特徴を明らかにし、わたしたちの生活空間のあり方を考察しようとしています。なかでも中心市街地では疲弊が認められますが、今後の生活空間としてはとても重要です。よりよい社会・生活を築くことができる力を付けたいと考えています。