染色工芸

機能に重きを置いた染色工芸、装飾を中心に考えた染色工芸、材料を大切にした染色工芸、等々、いろいろな染色工芸の方向があります。ここでは、染色の平面表現活動を展開する中から、現代の染色工芸のありようを探って行きます