セラミック工学

美術・工芸を支える、原料、成形プロセス、加飾、焼成などに関する技術は、伝統的に受け継がれてきたものが少なくないが、その背後には科学的な裏づけが隠れている。それらを明らかにしてくと同時に、セラミックスを中心として、美術・工芸分野で使用される様々な材料がもつ機能(可塑性、装飾性、恒久性など)を、結晶学、熱力学、物理化学など科学的観点から理解し、基礎的な知識を身につけることを通して、機能を突き詰めた先にあるものを探求する。