教員と専門分野

山下 宗利Munetoshi Yamashita

役職:教授
分野:フィールドデザイン
専門分野:都市地理学

現在の研究課題

佐賀市中心市街地の活性化

コメント

フィールドが実験室だ、という信念で教育・研究活動に取り組んでいます。都市のなかでも都心部を研究対象としており、現場での観察や聞き取り、データの収集が何よりも大切だと考えています。フィールド調査を行い、地域そのものから情報を得て、それを活かす教育を行う計画です。一緒にフィールドという実験室で活動しましょう。

担当科目

学部

地域デザイン基礎(デザイン)、地域デザイン基礎(フィールドワーク)、地域再生論、風土と地理学、地域調査分析、都市空間論Ⅰ、都市空間論Ⅱ、フィールドワーク実習、地域情報マネジメント演習、情報基礎概論、地域創生フィールドワーク 他

大学院

都市空間論、都市空間特別研究

略歴

1960年 大阪市生まれ
1988年 筑波大学大学院博士課程地球科学研究科(地理学・水文学専攻)単位取得満期退学
1990年 佐賀大学 講師 教育学部(地理学)
2006年 佐賀大学 教授 文化教育学部(地理学)

最終学歴及び学位称号

理学博士(筑波大学)

業績・研究発表

  • 著書、論文等
    • 近年の著書
      2012年11月 佐賀・神埼地域ほか佐賀県内地誌 野澤秀樹・堂前亮平・手塚 章編『日本の地誌10 九州・沖縄』朝倉書店 pp.197―257.
      2013年2月 中規模都市の性格 山本正三ほか編『日本の地誌2 日本総論II (人文・社会編)追補版』朝倉書店 pp.586―591.
      2013年6月 高橋伸夫・菊地俊夫・根田克彦・山下宗利編著 『都市空間の見方・考え方』古今書院 159ページ.
    • 近年の論文
      2009年8月 井手秀成・山下宗利 フィールドワークが生徒に及ぼす影響 ―中学校社会科単元「身近な地域を調べよう」を事例に―. 佐賀大学文化教育学部研究論文集, 14―1, 237―260.
      2012年3月 佐賀大学生の履修状況分析. 大学教育年報, 8, pp.1―16.
      2012年10月 カナダにおける地理学の潮流. 地学雑誌, 121―5, 787―798.
      2012年8月 "Spatial utilization and property transfer in the centre of Tokyo." IGU Urban Geography Commission 2012 Annual Meeting: Transformations of the Urban. Dortmund, Germany.
  • 所属学会等
    日本地理学会、人文地理学会、東北地理学会、日本都市計画学会、地理情報システム学、IGU Commission on Monitoring Cities of Tomorrow