教員と専門分野

三木 悦子Etsuko Miki

役職:講師
分野:有田セラミック
専門分野:陶芸、プロダクトデザイン

現在の研究課題

生活の器、量産の技法を用いた個の表現の可能性

コメント

モノやコトはまた常に様々なモノやコトと繋がっています。モノの中にはコトが隠れているし、コトを丁寧に見ていくと、モノに繋がるたくさんのアイデアを発見することができます。日々に隠れているモノ・コトを観察しながら、生活の中にあるモノやコトを創りだしていきます。
たくさんの自然と、情緒ある町並みと、やきものの歴史がギュッとつまった有田の町で、楽しいモノコトを生み出しましょう。

担当科目

図法、窯芸基礎、石膏型成形Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、地域創生フィールドワーク、卒業研究

略歴

1977年 大阪市生まれ
2003年 岡山県立大学大学院デザイン学研究科工芸工業デザイン学専攻修士課程修了
2003年 有限会社堀江陶器勤務
2004年 佐賀県立有田窯業大学校勤務

最終学歴及び学位称号

修士(デザイン学)

業績・研究発表

  • 受賞
    2001年 工芸都市高岡2001クラフト展(大和高岡店)奨励賞
    2002年 工芸都市高岡2002クラフト展(大和高岡店)銀賞
  • 個展
    2002年 「E form design exhibition」
    2009年 「high up in the air」exhibition
  • グループ展等
    2001年 立体系デザイン合同卒業制作展「てつそん」
    2002年 「Kansai Art Annual 2002」exhibition
    2003年 第5回 広島県・岡山県大学美術系卒業制作選抜展「HOPES 2003」
    2003年 第10回  韓日陶磁器デザイン交流展「2003 Ceramics Design Exhibition」
    2004年 第11回 韓日陶磁器デザイン交流展「2004 Ceramics Design Now」
    2005年 第12回 韓日陶磁器デザイン交流展「Next Wave 2005 in SETO」
    2005年 「2005 Korea・Japan Ceramics Design Association Exchange Exhibition」
    2006年 「2006 The International Craft Fair 〜New Wave in Craftsmanship」
    2006年 「2006 Korea・Japan・China Ceramics Design Asso-ciation Exchange Exhibition」
    2006年 アジア「民芸21」Festival in 倉敷「クラフトショーケース 岡山県立大学 これからのつくりて展」
    2007年 「2007 International Ceramics Design Exchange Exhibition」
    2008年 日本陶磁器デザイン協会主催「CUPでつづる60年」
    2009年 「ARITA in MEISSEN exhibition」企画・運営も担当
    2009年 第15回 韓日陶磁器デザイン交流展「2009 Ceramics Design Now」
    2010年 「Ceramics Design For Living」
    2014年 Tenzan Art Festa「5人展」
    2014年 2014年韓国陶磁デザイン協会 韓・中・日・ヨーロッパ国際陶磁デザイン展
「白・黑・展 "Living Objet 生活の中にしみこむ"」
    2015年 「Nexus - Paper works' Expressions」
    2015年 「紙、やどる形」展 Re: Nexus-Paper Work's Expressions
    2016年 Tenzan Art Festa 「submodulr in Ogi Joint box vol.4」
  • 教育活動
    2016年 石膏型成型と常圧鋳込みのワークショップ Design Academy Eindhoven(オランダ・アイントホーヘン)
  • 社会活動
    2015年 授業において有田創業400年事業に向けて有田皿山職人磁器フィギュア「ガチャポー」を企画。
    以下、佐賀県や有田町の記念イベントのコンテンツとして採用される。

    ・ミラノ国博覧会 日本館(イタリア・ミラノ:佐賀県「有田焼創業400年事業」)
    
・「町イチ村イチ2015」(東京国際フォ−ラム:有田町「日本磁器誕生・有田焼創業400年事業」)

    ・「400年有田の魅力展」(日本橋三越:有田町「日本磁器誕生・有田焼創業400年事業」) 
  • 著書・論文等
    2014年 『肥前陶磁の「技法・技術」vol.1』共著、田中右紀・湯之原淳・甲斐広文・三木悦子著、1-16項

作品

タイトル:「EN」
制作年:2004年
素材:磁土
サイズ:18.5×13.5×6.5(h)、Φ9×2.5(h)(cm)

タイトル:「slip・per」
制作年:2009年
素材:磁土
サイズ:14.5×14.5×7(h)14.5×8×7(h)、8×8×7(h)(cm)

タイトル:「house」
制作年:2013年
素材:磁土
サイズ:Φ24×5.5(h)(cm)