ニュース

有田キャンパスでの交換留学プログラム「SPACE-ARITA」の最終プレゼンテーションが行われました

今年度後期、交換留学プログラム「SPACE-ARITA」により、オランダのデザインアカデミー・アイントホーヘン(DAE)より受け入れた留学生2名の最終プレゼンテーションが有田キャンパスで行われました。
Mr. Moonseop SEO、Ms. Marieke Maria Johanna VAN SCHIJNDELは10月より有田キャンパスでプロジェクトをスタートし、約4ヶ月間、陶磁器の制作に取り組みました。Mr. Moonseopはユニットの隙間を釉薬で繋げ、光の透過する美しい表現を、Ms. Mariekeは日本の伝統文様の自然現象から雨や雲、湿度を、感性豊かに表現しました。また、彼女は佐賀県窯業技術センター開発の無収縮磁土を用いました。
学生はもちろん肥前地区の窯業関係や地域の方々、約50人の方々にお越しいただき、様々なご意見やご感想をいただいた充実した時間となりました。

場所:佐賀大学芸術地域デザイン学部、有田キャンパス

'20.02.17 Final Presentation23_Moon.jpg

'20.02.17 Final Presentation131_2_Moon.jpg

'20.02.17 Final Presentation120_Marieke.jpg

'20.02.17 Final Presentation43_Marieke.jpg