ニュース

美術展『発生の場/Ignition Field』のご案内

展覧会名:『発生の場/Ignition Field』
会期:2018年12月7日(金)~12月23日(日)
時間:12:00~18:00
会場:佐賀大学本庄キャンパス芸術地域デザイン学部3号館、アート葉隠、本庄ビル
会期中無休、入場無料

ゲストアーティスト:阿部浩之、岩井優、オレクトロニカ、宮田君平、山本伸樹

出品作家:石丸圭汰、石本陽、岩崎千万理、江頭南有、岡山空知、川邉雄太郎、小林萌、近藤恵介、髙橋健悟、田中壮一、近石茉凛、土屋貴哉、藤紘和、中村啓樹、中山幸乃、早田怜佳、原田奈々、久山佳音、前田沙綺、八頭司昂、柳健司、山口純佳、山本準、吉谷彩乃

佐賀大学芸術地域デザイン学部が2016年にスタートした「発生の場」は、現代における芸術表現及び、芸術の新しい楽しみ方を紹介するイベントです。


〇関連イベント

【オープニングレセプション】
日時:2018年12月7日(金)18:30~21:00
場所:本庄ビル(佐賀市本庄町1272-3)
※入場無料、申込不要

【ギャラリートーク】作品解説ツアー
日時:2018年12月15日(土)、22日(土)各14:00~15:00
集合場所:佐賀大学美術館前(佐賀市本庄町1)
※参加無料・申込不要

【シンポジウム1】
「芸術活動にまつわるエトセトラ」ゲスト作家によるクロストーク
日時:2018年12月7日(金)13:30~16:00
会場:佐賀大学 芸術地域デザイン学部1号館 A101教室
パネラー:山本伸樹、岩井優、宮田君平、阿部浩之、オレクトロニカ
進行:花田伸一

【シンポジウム2】
「芸術表現に共通言語はあるのか?」
それぞれ表現分野は異なるが「表現の探求」を共通項に持つ本学教員をパネラーとして、制作に向けた生の声から、分野を越えた芸術表現における共通項と差異を探る。
日時:2018年12月21日(金)14:40~17:10(予定)
会場:佐賀大学 芸術地域デザイン学部1号館 A101教室
パネラー:柳健司(ミクストメディア)、田中右紀(窯芸)、德安和博(彫塑)、小木曽誠(西洋画)、井川健(漆・木工芸)、鳥谷さやか(染色)、三木悦子(プロダクトデザイン)、近藤恵介(日本画)
進行:花田伸一(アートプロデュース)、土屋貴哉(コンテンツデザイン)


〇ゲストアーティストプロフィール

【阿部浩之】1985年栃木県生まれ。2011年武蔵野美術大学大学院修了。近年の展覧会に、2017年「中之条ビエンナーレ」(中之条/群馬)、2016年企画展「lighthouse vol.11 Y氏との13時間」(switch point/東京)、2015年「Myoghi33ennale」(妙義ふるさと美術館/群馬)、2014年個展「ある程度さ」(switch point/東京)、2013年「古民家オープンスタジオ」(原田米店/千葉)、2011年「happy days」(switch point/東京)など。

【岩井優】1975年京都府生まれ。2009年東京藝術大学美術研究科後期博士課程修了。2013年ホイットニー美術館ISPプログラム「メンテナンス・リクワイアード」(アメリカ/NY)、ニードレス・クリーンアップ(チェコ/プラハ)、近年の展覧会に2017年「親密の遠近法」(Takuro Someya Contemporary Art/東京)、2015~16年「習慣のとりこ」(秋田公立美術大学ギャラリーBiyong Point/秋田)など。

【オレクトロニカ】2009年加藤亮(大分県出身)と児玉順平(熊本県出身)(ともに1984年生まれ)により結成された美術ユニット。2007年大分大学大学院修了。大分県竹田市を中心に活動を行っており、今まで手掛けたプロジェクトは、「TAKETAART CULTURE」のほか、2011年に「gallery傾く家」を開設、活動拠点とし、空間プロデュースやデザインなどを手掛ける。

【宮田君平】1981年宮崎県生まれ。2006年福岡教育大学大学院美術教育過程修了。作品発表の度毎に、様々なアプローチで自分の身体を使ったパフォーマンスを伴う作品を発表している。近年の展覧会に、2017年「MESSAGE2017 -南九州の現代作家たち-」(宮崎)、2016年「ASIA YOUNG 36」(韓国)、2015年「The Mildura Palimpsest Biennale #10」(オーストラリア)、2014年「糸島国際芸術祭2014」(福岡)など。

【山本伸樹】1956年福島県生まれ。1984年東京藝術大学大学院美術研究科壁画研究室修了。近年の活動として2010年フライミュージアムベルリン「TOBE東京+ベルリンコミュニケーション展」、「会津漆の芸術祭」、「福島ビエンナーレ」参加。2011年「福興ダルマプロジェクト」、2013年「ARTMEETING 田人の森に遊ぶ(~2018)、2015年「被爆70年を考える現代美術展」、野外展「現在進行形」(~2018)など。


〇交通アクセス

【佐賀大学本庄キャンパス】佐賀市本庄町1
・佐賀駅バスセンター「4番のりば」から市営バス4番/11番/12番/63番に乗り「佐賀大学前」で下車(約15分)
※お車でお越しの際は入構料金200円が必要です。

【アート葉隠】佐賀市与賀町1342/旧佐賀清和学園啓明寮
・佐賀大学本庄キャンパスから徒歩3分
※駐車場10台

【本庄ビル】佐賀市本庄町大字本庄1272-3
・佐賀大学本庄キャンパスから徒歩約12分
・佐賀駅バスセンターから市営バス3番/18番/26番/27番に乗り「西田代」で下車(約10分)、徒歩5分
※駐車場2台

主催:佐賀大学芸術地域デザイン学部
問合せ:佐賀大学芸術地域デザイン学部総務係 TEL.0952-28-8349(平日10:00-18:00)

『発生の場/Ignition Field』Facebookページ
https://www.facebook.com/IgnitionField/

発生の場2019表.jpg

発生の場2019裏.jpg