ニュース

アーティスト・イン・レジデンス SMAART AIR ウォーム・アップ 「side by side」 / 茶の木屋台イベント

「アーティスト・イン・レジデンス SMAART AIR ウォーム・アップ」講座の実践として、アーティスト:オレクトロニカ(児玉順平+加藤亮)と地域サポーターによる、「side by side」茶の木屋台イベントが開催されます。

オレクトロニカは大分・竹田で活動している美術ユニットで、6月から佐賀地域の調査やミーティング・制作などをおこない準備をしてきました。

「side by side」は、佐賀ゆかりの江戸期の禅僧、売茶翁が京都鴨川のほとりで道ゆく人々に煎茶をふるまいながら禅を説いたことをヒントに、現代の売茶翁プロジェクトとしてオレクトロニカによって企画されたものです。

オレクトロニカが地域サポーターの皆さんの協力のもと、二台の移動式茶の木屋台とともに佐賀の町を練り歩きます。
この茶の木屋台では、一台はオレクトロニカが嬉野で採れた茶葉を使ってお茶や茶菓子を提供します。もう一台ではサポーターの皆さんのアイディアによるオリジナル屋台が展開されます。

また、関連展示として、12月15、16日に開催する茶の木屋台のドキュメント展を開催。
サポーターの皆さんとの準備の様子や使用した屋台を展示します。

※この展示は佐賀大学芸術地域デザイン学部「発生の場/Ignition Field」の展覧会内で開催されるものです。


【茶の木屋台イベント】
日時:2018年12月15日(土)16日(日) 13:00~17:00
場所:白山商店街、656広場(佐賀市呉服元町2-25)

【関連展示】
会期:2018年12月7日(金)〜23日(日)12:00〜18:00 ※会期中無休・入場無料
会場:本庄ビル(佐賀市本庄町大字本庄1272-3)[SMAART関連展示会場]


※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
茶の木屋台チラシ_表.jpg
茶の木屋台チラシ_裏.jpg