ニュース

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3で学生チームが上映

 世界で活躍できる若手映像クリエイターの育成を目指す「東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3」で本学芸術地域デザイン学部学生チームが一次審査を通過し,東京ビッグサイトの会議棟に投影される上映会の出場チームとして選出されました。

 当日は,国内,国外から応募された全31チームから選ばれた16チームが映像,現代美術作家や専門家等から構成される審査団で審査され,上位入賞者が決定されます。芸術地域デザイン学部の学生チーム(チーム名:Mack'n'roll)は2年生4人(石田楓,井上菜々子,岡本楓,塚原琴美)から成り,チャレンジ精神を武器に多方面に活動中です。

 作品の共通テーマは「Japan」ですが,本チームは,和色,日本的配色に着目し,その色彩の持つモチーフとともに紹介していく作品になっています。

▼公式サイト
東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3

日時:11月17日(土)16:30〜
会場:東京ビッグサイト会議棟前


mapping1.png mapping2.png