ニュース

アート県庁プロジェクトVR作品を学生達が制作

アート県庁からVRで星空の海へダイビング!!

「星空のすいぞくかん ArtProduce by NAKED」をイメージしたVR作品を佐賀大学の学生達が創作

 佐賀県庁(所在地:佐賀県佐賀市城内1丁目1番59号)でクリエイティブカンパニーNAKED(英語表記:NAKED Inc.)がプロデュースする「アート県庁プロジェクト」の一環として行われたワークショップを通じて結成された佐賀大学芸術地域デザイン学部の学生などによる学生チームPICA(ピカ)が,佐賀県庁展望ホール来場者10万人を記念してVR作品「アート県庁プロジェクト 星屑ダイビング」を発表します。

       

佐賀県庁屋上から星空の海へ,佐賀の若者たちが作るVRの世界

  「アート県庁プロジェクト」の取り組みの一環としての,VR(バーチャルリアリティ)の体験型コンテンツの制作に佐賀大学の学生達が取り組みました。昨年の11月から行われたワークショップを通じて,VR作品を制作,作品を楽しむためのVRスコープのデザイン,販売までを佐賀大学の学生達が行います。
  

  佐賀県庁から星空の海へダイビングをテーマに,VRによって,佐賀の夜景と星空,海の世界がコラボレーションした空間を作り出します。

 2018年3月17日からは,佐賀県庁展望ホール(SAGA360)の物販コーナーでVRスコープの販売を開始いたします。