ニュース

PCM 入門講座~みんなでプロジェクトを作る方法を学ぶ~のお知らせ

PCM 入門講座~みんなでプロジェクトを作る方法を学ぶ~

PCM ( プロジェクト・サイクル・マネジメント)は、国際協力、地域づくりの現場で活用されている参加型事業マネジメント手法で、ドイツで開発され日本でも注目されています。
PCMは計画編とモニタリング・評価編からなり、計画編では、様々な関係者の意見から合意形成を経ながら、誰でも具体的な事業をつくることができます。
この PCMを気軽に、楽しく、体験し、教育改善を支援するためにPCM入門講座を下記の日程で開催します。住民参加型事業の合意形成を学びたい、事業の作り方を学びたい、PCMを学びたい、国内業務で PCMをつかってみたい方、奮ってご参加ください。架空の市町村とその住民とアートに関わる事業をケーススタディーとして取り上げ、グループワークでプロジェクトを作ってゆきます。

講師:三好崇弘 (NPO法人 PCM Tokyo 代表)
JICA 職員としてザンビアで活動後は、内外の地域活性化や文化遺産やアートによる地域の活性化事業に関わる。
ファシリテーター: 原田怜 (
東京藝術大学美術学部国際修復プロジェクト室特任研究員)
島津美子 (PCM東京会員、国立歴史民俗博物館助教)

開催日: 2017年 12 月15・16 日(金、土)
会場と時間:有田キャンパス (15 日10:30-16:00)2F 有田プロジェクトホール
( 通学バス 往路 本庄 芸術1号館前 8:50発 復路 有田 16:20発)
     本庄キャンパス (16 日9:30-16:30)芸術1号館地域デザイン演習室 (4F) 
定員: 20 名程度
費用: 無料
対象者:教職員、大学院生、一般
申し込み先:佐賀大学芸術地域デザイン学部 石井美恵 mishii@cc.saga.u.ac.jp( 応募締切日:(平成 29 年12月8日(金) 先着順 定員に達した次第締切)

詳しくはこちらのPDFファイルをご覧ください。
PCM入門講座 みんなでプロジェクトを作る方法を学ぶ 2017.12.15-16.pdf