キュレーション分野

学芸員・キュレーターの養成を行います。

文化的歴史的資源や多様なアートの活動をマネジメントするための専門知識と実践力を身につけ、
それらを国内外に発信することができる人材を養成します。
博物館学芸員資格の取得やアートやアートマネジメントに関わる知識・手法の学修に加え、
アートプロデュースの基礎を学びます。
佐賀大学美術館における実習、吉野ヶ里遺跡などの発掘調査等を通した実践力、そして、語学力など、
キュレーションに必要な能力を育てます。

カリキュラム

キュレーション分野には、学芸員資格取得のために必要な科目を配置しています。それらの科目に加え,コース共通科目で習得した基礎的な知識や技術をさらに発展させる美術史、アートプロデュース、考古学、地域史、アーカイブズの実践的な科目群を設定し、学生はこれらの中のいずれかの領域を選択します。それぞれの科目群は段階を追って知識や技術を深めるように構成され、地域の文化的・歴史的特性を反映した科目、実務経験の豊富な教員が担当する科目を配置します。それにより、芸術作品や歴史的資料についての専門的知識、国内外のアートキュレーションの現場で生かせる応用力、経営・市場についての知識を有した専門的、実践的なキュレーターを養成することを目的とします。

詳細

履修モデル

専門分野

主なキュレーション分野選択科目

  • キュレイティング基礎
  • 博物館展示論
  • 博物館経営論
  • 博物館概論
  • 美術史I~III
  • キュレイティング応用I~II
  • アートプロデュース論I~II
  • 考古学I~III 他

予想される進路

  • 美術館・博物館学芸員
  • アートコーディネーター
  • 販売(デパート、小売、画廊)
  • ギャラリスト
  • 新聞社事業部
  • マスコミ(新聞社、テレビ局、美術系出版社など)
  • 自治体及び教育委員会の文化財・観光・まちづくり・文化振興部署
  • 企業の社会貢献担当
  • 国際交流基金などの海外への日本文化芸術紹介機関など

取得可能な免許・資格

  • 博物館学芸員

入試詳細情報