地域コンテンツデザイン分野

豊かな発想力と表現力をベースに、地域の文化資源に関わるコンテンツをデザインできる人を育てます。

地域資源をコンテンツ化するために、映像や音響、Webや3DCG、アニメーション、ファブリケーション、インタラクティブ作品等、情報メディアを用いたコンテンツ創造力を磨き、さらに、それらを統合して先鋭的な芸術やデザイン提案ができる人材を育成します。理系と文系、テクノロジー系と芸術系の境界を越える、新しいコンテンツデザインの視座を持つクリエイティブラーニングを特徴とします。
デジタルメディアやテクノロジーを効果的に介しながら情報やコンテンツを発信し、ソーシャルな関わりの中で自らの創造性を高めていきます。デザインの理念や技とともに、発想力・表現力・企画力・行動力などを伴ってローカル・グローバルを問わず社会に貢献できる力を身につけます。

カリキュラム

地域コンテンツデザイン分野では、情報や映像メディア系科目を中心にスキルとセンスを磨き、人と人、人とものをつなぐデザインの発想力、企画力、構想力を身につけます。具体的には、地域の文化資源に関わるコンテンツをデザイン(情報、映像、コンテンツ)の手法を通して発信できる人を育てます。
現場からのゲストティーチャーを積極的に招聘し、コンテンツ創造の理論、技術、美学、デザイン、起業に関する科目を準備し、インターンシップやプロジェクト型学習により実践的な能力を育成します。

詳細

履修モデル

専門分野

主な地域コンテンツデザイン分野選択科目

  • コンテンツデザインII〜III
  • 映像デザインII〜III
  • 情報デザインII〜III
  • デザイン実践セミナー
  • コミュニケーションデザイン論
  • デザインプロジェクト演習
  • 地域ブランディング論
  • メディアアート演習 他

予想される進路

  • デザイナー(出版社、テレビ局、新聞社、広告代理店、マーケティング、家具・インテリア、ICT関連産業、映像・映画業界など)
  • メディアアーティスト
  • 映像クリエーター
  • 公務員(自治体等の広報・企画担当)など

取得可能な免許・資格

  • 学芸員

入試詳細情報